上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
200801311947552
20080131194755
レッツノートの景品が当たりました!

(1)W7軽量バッテリー

(2)CROSSボールペン

スポンサーサイト
2008.01.31 Thu l 日常の出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲
ブザン公認マインドマップソフト「iMindMap日本語版スタンダードエディション」が、
2月22日に発売決定したようです。
1月28日発売発表会見後、詳しい情報がWEBサイトでアップされるそうです。

また、1月21日に体験版(試用版)ダウンロードが終了しました。

体験版を使用した感じですと、確かにトニーブザンが唯一公認しているだけあり、
手書きマインドマップに近い思考、手順で描くことができます。
何より、楽しく描けるというのが大きな違いではないでしょうか。
かなりおすすめだと思います。

と言いつつ、私はiMindMap発売を待てずに、MindManagerを購入してしまいました。
iMindMapも購入するかどうかは、正直迷い中です。。。

【URL】
http://www.imindmap.jp/

【価格】
 \19,800(税込)

【動作環境、要求スペック】
 対応OS:Microsoft Windows XP/ Windows Vista
 CPU  :Intel Pentium または互換プロセッサ(1GHz以上推奨)
 RAM  :512MB以上
 HDD  :200MB以上の空容量 800×600以上の解像度
2008.01.26 Sat l マインドマップ l COM(0) TB(0) l top ▲
復習のため、読み直しました。

重要な部分を再確認し、また新しい気付きもありました。
全体と各習慣ごとにマインドマップも作成しました。

これほど実践的で、パワフルな自己啓発書は
他に無いのではないでしょうか。
私はこの7つの習慣を意識し、行動するようになってから、
仕事での効率も成果も抜群に上がり、成長を実感できました。

ただし、このような自己啓発書は読んで理解したつもりになるだけではなく、
とにかく書いてあることを自分なりに実行するのが大事ですね。
すぐ行動に移せるのは、「第3の習慣:重要事項を優先する」だと思います。

これは、緊急ではないが重要なこと(第2領域)の割合を増やすことです。
具体的には、自己啓発、勉強、健康管理、人間関係づくり、中長期計画などです。

また同時に、緊急でも重要でもないこと(第4領域)の割合を減らすことも重要です。
私は最近、TVを見るのをやめました。
また、すきま時間にも、なるべくiPodで英語のリスニングをして、
第2領域の活動となるよう、意識しています。

【7つの習慣】
 第1の習慣:主体性を発揮する
 第2の習慣:目的を持って始める
 第3の習慣:重要事項を優先する
 第4の習慣:Win-Winを考える
 第5の習慣:理解してから理解される
 第6の習慣:相乗効果を発揮する
 第7の習慣:刃を研ぐ

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィー、ジェームス スキナー 他

商品詳細を見る

2008.01.22 Tue l 本、書評 l COM(0) TB(1) l top ▲
指サックや耳栓用のケースとして、
セキセイ(azonx)のミニメッシュケースを使っています。
カラーも5色、ストラップも付いていて、小さくてちょうど良いサイズです。
これはかなり気に入ってます!

ちなみに収納する物の色に合わせ、
指サックにはピンク色のケース、耳栓には黄色のケースを使っています。

AZ-28Ptop.gif

セキセイ メッシュケース【ミニ】

最近ハック系ツールとして、ミニ文房具流行っていますよね。
東急ハンズ、LOFT(ロフト)にもミニ文房具コーナーありますし。
ただし、このケースはどこの店にも売ってなかったので、
インターネット通販で複数個まとめて購入しました。

2008.01.20 Sun l おすすめ l COM(0) TB(0) l top ▲
読書の時にページがめくりにくいので、たいてい指サックを使っています。

いろいろ試してみましたが、プラスステーショナリーのメクリッコは、
個人的に気に入って使っています。

color_pack01.jpg

プラスステーショナリー メクリッコ


2008.01.20 Sun l おすすめ l COM(0) TB(0) l top ▲
昔のことわざ、格言から、昨今の仕事術本に至るまで、
さまざまなところで早起き、朝型生活は推奨されていますが、
私もここ2、3年、朝型生活を実施しています。

特に今年は平日、毎朝4時起きを目標に実践中です。

現在のタイムスケジュール(平日)
<前日>
22:00~23:00 就寝
<当日>
 4:00 目覚まし1回 (←本当はここで起きたいが、さすがにまだ眠くて起きれない)
 4:30 目覚まし(スヌーズあり) (←確実に起きるため)
 4:30~5:00 起床、生活時間  
 5:00~5:45 読書
 5:45~6:00 出勤準備
 6:00~7:00 通勤(車)(←朝だと道も空いている) 
 7:00~    勤務開始(だいたい1番に来て、フロアの電気をつける)

あと15分早く起きられれば、朝の勉強時間を1時間とれるので、
身体を慣らしながら、頑張っている最中です。

また、休日は目覚ましをかけずに寝てますが、
身体が慣れているせいか、遅くても6~7時には目が覚めます。
休日も朝から時間を有効に使えるので、
より充実したプライベート時間を過ごせます。
2008.01.19 Sat l おすすめ l COM(0) TB(0) l top ▲
読書報告(1/7~18) 15冊。

<ビジネス、自己啓発>
・戦略論 ~戦略コンセプトの原点~ 大前研一(著)、吉良直人(訳) 175分

・フューチャリスト宣言 梅田望夫、茂木健一郎 100分

・社長になる人のための経理の本 岩田康成 60分

・日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」
 フランソワ・デュポワ 75分

・「人を動かす人」になれ! 永守重信 75分

・短期間で組織が変わる ~行動科学マネジメント~ 石田淳 40分

・「原因」と「結果」の法則 ジェームズ・アレン、坂本貢一(訳) 45分

・朝・出勤前90分の奇跡
 ~人生を変える「早起き鳥人(アーリーバーダー)」のすすめ~ 野村正樹 60分

・思考の整理学 外山滋比古 60分

・小さいことにくよくよするな!
 リチャード・カールソン、小沢瑞穂(訳) 50分

・7つの習慣 最優先事項 ~「人生の選択」と時間の法則~
 スティーブン・R・コヴィー 190分


<能力開発>
・コリン・ローズの加速学習法実践テキスト
 ~「学ぶ力」「考える力」「創造性」を最大限に飛躍させるノウハウ~
 コリン・ローズ、牧野元三(訳) 100分

・「潜在能力」であらゆる問題が解決できる
 ~あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」~
 ポール・R・シーリィ 120分

<健康>
・病気にならない生き方 ~ミラクル・エンザイムが寿命を決める~
 新谷弘実 70分

・病気にならない生き方2 ~実践編~
 新谷弘実 60分
2008.01.19 Sat l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日の読書報告。
成長、モチベーション、コミュニケーションの参考に読みました。

1冊目
【タイトル】自分の小さな「箱」から脱出する方法
      人間関係のパターンを変えれば、うまくいく!
【著者名】アービンジャーインスティチュート
【ページ数】268ページ
【読書時間】110分
【感想】
ストーリー仕立てで読みやすい本でした。
自分にあてはまる内容も多く、新たな気付きを与えてくれました。
仕事でも家族に対してでも適用できる考え方だと思います。

自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
(2006/10/19)
アービンジャー インスティチュート、金森 重樹 他

商品詳細を見る


2冊目
【タイトル】プロフェッショナルの条件
【著者名】P.F.ドラッカー 上田惇生:編訳
【ページ数】266ページ
【読書時間】90分
【感想】
労働の解釈について、若干古さを感じましたが、
自己管理、リーダーシップ、マネジメントなど、
人、組織のベースとなる部分が非常に参考になりました。
<印象に残った部分>
自己実現について、自分が「何によって憶えられたいか」
リーダーシップについて、「リーダーの唯一の定義はつき従う者がいること」

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカー、Peter F. Drucker 他

商品詳細を見る

2008.01.06 Sun l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
池谷裕二さんの本を3冊。

池谷先生の本はわかりやすくて読みやすいです。
それにしても、脳は奥が深いですねぇ。。。

【1冊目】ページ数267ページ、読書時間65分
記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)
(2001/01)
池谷 裕二

商品詳細を見る


【2冊目】ページ数337ページ、読書時間70分
脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?
(2006/09)
池谷 裕二

商品詳細を見る


【3冊目】ページ数389ページ、読書時間120分
進化しすぎた脳 (ブル-バックス)進化しすぎた脳 (ブル-バックス)
(2007/01/19)
池谷 裕二

商品詳細を見る


2008.01.06 Sun l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
読書報告(1/1~1/4)。
6冊。

【タイトル】金融商品にだまされるな!
      本当に正しい預金、債券、個人年金の使い方
【著 者 名】吉本佳生
【ページ数】190ページ

金融商品にだまされるな!金融商品にだまされるな!
(2007/11/09)
吉本 佳生

商品詳細を見る


---------------------------------------
【タイトル】脳を活かす勉強法
      奇跡の「強化学習」
【著 者 名】茂木健一郎
【ページ数】188ページ

脳を活かす勉強法脳を活かす勉強法
(2007/12/04)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


---------------------------------------
【タイトル】大前流心理経済学 貯めるな使え!
【著 者 名】大前研一
【ページ数】344ページ

大前流心理経済学 貯めるな使え!大前流心理経済学 貯めるな使え!
(2007/11/09)
大前 研一

商品詳細を見る


---------------------------------------
【タイトル】ハイコンセプト
      「新しいこと」を考え出す人の時代
【著 者 名】ダニエルピンク、大前研一(訳)
【ページ数】349ページ

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
(2006/05/08)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る


---------------------------------------
【タイトル】頭脳の果て
【著 者 名】ウィンウェンガー、リチャードポー
      田中孝顕(訳)
【ページ数】453ページ

頭脳の果て頭脳の果て
(2005/07/22)
ウィン・ウェンガー、リチャード・ポー 他

商品詳細を見る


---------------------------------------
【タイトル】決算書の暗号を解け!
      ダメ株を見破る投資のルール
【著 者 名】勝間和代
【ページ数】222ページ

決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
(2007/10/25)
勝間和代

商品詳細を見る



2008.01.04 Fri l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。