上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
来月初旬に行なわれる会社のボーリング大会の代表幹事をやっています。

3日間で参加者総勢380名!!
その時間帯はボーリング場をほぼ貸し切りです。

大勢でのイベントを企画運営するのはなかなか大変ですが、
絶対に盛り上がると思うので、今から本番が楽しみです♪

こういう仕事以外のことを任されるのも、
期待されているからと前向きにとらえ、準備も楽しくやっていきたいと思います。

でも、そのせいか、最近読書ペースが落ちています。。。
スポンサーサイト
2008.05.28 Wed l 日常の出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲
20080525201423
今日は娘の1歳の誕生日でした♪

すくすくと育ってくれていて、何よりです。

2008.05.25 Sun l 日常の出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲
自分のスキル・キャリア・市場価値を高める際の参考に、と
ヘッドハンティング関連の本を4冊読みました。

企業からどのような人材が求められているか、
ヘッドハンターがどのような点を考慮して、ハンティングするのかなど、
キャリアアップを考える上で、非常に興味深かったです。

今の仕事は面白いので、別に転職を考えているわけではありませんが、
ヘッドハンティングされるくらいの実力はつけたいと思っています。

ではどのような実力が必要なのか、
佐藤氏の著書「ヘッドハンティング・バイブル」には、
『ヘッドハンティングされるためのキャリアアップとは、
自分の専門性(スペシャリストとしての力)を他社でも通用するように深めながら、
マネジメント力を含め総合的に自分の即戦力(実務能力)を高めていくこと』
とありました。

古賀氏の著書「プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方」にはこう書いてありました。
『キャリア採用で求められる人材のレベルは高い。
   ・・・(中略)・・・
いってみればトヨタのエースで4番クラス、エリート中のエリートなわけで、
こんなスーパービジネスマンのような人材はごく一握りにすぎない。』


これはある意味わかりやすいですね。
トヨタに限らず、会社のエースで4番を目指そうと思います。


ヘッドハンティング・バイブルヘッドハンティング・バイブル
(2006/02)
佐藤 文男

商品詳細を見る


プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方―ビジネス超魔術人材編プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方―ビジネス超魔術人材編
(2007/06)
古賀 辰男

商品詳細を見る


35歳までに年収2000万円になる35歳までに年収2000万円になる
(2007/06/19)
伊東 修

商品詳細を見る


ザ・ヘッドハンティング―未上場でも、知名度がなくても、優秀な人材は採用できる!ザ・ヘッドハンティング―未上場でも、知名度がなくても、優秀な人材は採用できる!
(2006/02)
武元 康明

商品詳細を見る


2008.05.25 Sun l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
千葉智之さんの「出逢いの大学」を読みました。

出逢いの大学出逢いの大学
(2008/05/15)
千葉 智之

商品詳細を見る


サラリーマンでありながら、すでに3000人の人脈を持ち、
その人脈があるがゆえに『将来への不安を感じていません』
と言えてしまうところがスゴいです!

内容はほかの人脈術の本とほとんど同じかも知れませんが、
サラリーマンでも、これだけの人脈を作り、ステップアップしている人の話を聞く(読む)と、
非常に勇気づけられます。

とにかく、自らを高め、人と会う機会を作り、習慣化し、
『量が質に変化する』まで行動し続けるしかないですね。

以前このブログでも取り上げ、著者の坂田さんからもコメント頂きましたが、
「28歳までに他社からスカウトされる人脈術」を読んでから、
「人脈は可能性」である、と人脈に対する考え方が変わりました。

私も人脈を広げていこうと、地道ながら行動を開始し始めました。

28歳までに他社からスカウトされる人脈術28歳までに他社からスカウトされる人脈術
(2008/04/18)
坂田 篤史

商品詳細を見る
2008.05.24 Sat l 本、書評 l COM(2) TB(0) l top ▲
20080524195817
名古屋東急ハンズでアロマオイル買いました。

ラベンダー、ローズウッド、オレンジの3種類です。

2008.05.24 Sat l おすすめ l COM(0) TB(0) l top ▲
2008年読書冊数170冊突破!

このペースだと、年間400冊超えるかな?

最近、人脈術の本をよく読んでます。

2008.05.23 Fri l フォトリーディング l COM(0) TB(0) l top ▲
200805181436432
20080518143643
今日のランチは家でピザを作って食べました。
おいしくできました!

2008.05.18 Sun l 日常の出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲
野口嘉則氏の待望の最新作!!「3つの真実」を読みました。

3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
(2008/05/13)
野口嘉則

商品詳細を見る


感動しました。おススメです!

主人公が老人との対話を通じて、得たものとは!?

また、新刊キャンペーンもやっています。
キャンペーンページのURLはこちらです↓
http://coaching-m.co.jp/3truth.htm

2008.05.17 Sat l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
野口吉昭氏のコンサルタントの「質問力」を読みました。

コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)
(2008/03/19)
野口 吉昭

商品詳細を見る


プロのビジネスパーソンとして必須の「質問力」にフォーカスし、
またその能力を構成する、
 ①仮説力
 ②本質力
 ③シナリオ力
がテーマです。

今なぜ質問力が必要か、また質問力のある人の特徴とは何か、をはじめ、
その他書籍でも一般的な
ロジックツリー、SWOT分析、ゼロベース思考、
トヨタの「なぜを5回繰り返せ」などの思考法、テクニックを引用しつつ、
著者の考えが非常にロジカルかつ簡潔にまとめられています。

そのため、スラスラと読めて、すでにわかった気になってしまいがちですが、
本書のベースにある著者のビジネスプロフェッショナルとしての
格の違いを見せつけられ、本の値段以上に勉強になりました。

特に印象に残ったフレーズは、
『仮説を立てながら、仮説を捨てる。』
これはグサッときました。

この域に達するには、まだまだ修行が必要です。

2008.05.17 Sat l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
20080510142348
適度に脂がのっていて、旨いです!!
2008.05.10 Sat l 日常の出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲
20080510125640
今日は友人の新居でホームパーティー。

2kgの1枚肉です!!
デカッ!!

2008.05.10 Sat l 日常の出来事 l COM(1) TB(0) l top ▲
ニューラルネットワーク、ニューラルコンピューティングの本です。

各種最適化計算など、
さまざまな活用事例が多く載っているので、面白いです。

応用事例ハンドブック ニューラルコンピューティング応用事例ハンドブック ニューラルコンピューティング
(2001/03)
武藤 佳恭、斎藤 孝之 他

商品詳細を見る


2008.05.09 Fri l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
『28歳までに他社からスカウトされる人脈術』を読みました。

28歳までに他社からスカウトされる人脈術28歳までに他社からスカウトされる人脈術
(2008/04/18)
坂田 篤史

商品詳細を見る


著者は若干28歳にして、すでに数百人の人脈を持ち、
本書が初の著作ですが、プレジデント社から商業出版という
素晴らしい実績の持ち主です。

内容は人脈の作り方、自分を成長させる方法など、一般的ではありますが、
何よりも著者の経験がたくさん盛り込まれているのが特徴的で、とても参考になりました。
そして著者の意識の高さ、行動力には驚かされました。

私は社外にて自分の市場価値を客観的に評価するということを、
あまり意識せずにおりましたので、
外でも通用するスキル・キャリアを身に付けねばと自覚しましたが、
自分もかなり可能性はあるな、と根拠のない(?)自信も若干生まれました。

私も著者の坂田氏を見習い、
自分を高めていく決意を新たにし、これから積極的に行動していきます!

2008.05.08 Thu l 本、書評 l COM(2) TB(1) l top ▲
『その数学が戦略を決める』を読みました。

その数学が戦略を決めるその数学が戦略を決める
(2007/11/29)
イアン・エアーズ

商品詳細を見る


数学的・工学的表現が多く使用されていますが、
多くの実例を挙げて、わかりやすくまとめられているので、
専門的な知識がない方でも概要はつかみやすいのではないかと思います。

原著タイトルは『Super Crunchers』、
邦訳版本文中では、「絶対計算者」と翻訳されております。

「絶対計算」とは耳慣れないですが、「大量データ解析」と本書では定義されています。
また、回帰分析やニューラルネットワークなど、さまざまなデータ解析手法により、
統計的に処理した「絶対計算」結果が、専門家の出した結果よりも勝るとあります。

思い込みの排除、多変量の重みづけなど、
人間では限界もあるので、この部分については納得できます。

実例としてもアマゾンなどの協調フィルタリング、コンビニPOSなど、
大量の顧客データを処理して売上予測(向上)する手法は割とおなじみだと思いますし、
本書にもありますが、医療現場での死者数減少の成果などを考えると、
非常に有効なツールと言えますし、
これからももっと様々な分野で導入されていくのではないでしょうか。

ついでに公共事業の採算性検討なども適用すれば、
税金の無駄遣いも減ると思いますが、
求められる数学知識、経営センスもさることながら、
各有力者の思惑の方が強く、人間の感情を排除できないのかも知れません。

本書冒頭では1例として、ワインの質の予測式、

ワインの質(価格)=12.145 + 0.00117*冬の降雨
              + 0.0614*育成期平均気温 - 0.00386*収穫期降雨

と、どの年でも気象情報を入力すれば、
ワインの質(=価格?)がわかるという紹介があります。

ただし、データを多変量解析すれば、計算である以上、
(「降雨」か「気温」かはわかりませんが)
各パラメータで表される式は得られるので、
それが果して、将来のどの年代のワインでも正しいと言うのには、
さすがに無理があるというか、若干怪しい気がして、
参考文献などを調べたくなりました。

また、因子、データを選別すれば、所望の結果に合わせ込むことは
いくらでも可能ですので、結果を利用する側は、
結果だけでなくその過程・前提条件も正しく理解し、
「絶対計算」結果に踊らされないようにする注意は必要だと思います。

2008.05.08 Thu l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
20080504185315
これから名古屋の自宅へ帰ります。

2008.05.04 Sun l 日常の出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲
この本自体も、書店にて「直感」で購入、
読んでみると意外と気付かされるところの多かった良書です。

第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
(2006/02/23)
M・グラッドウェル

商品詳細を見る


個人的には、この邦訳版タイトルよりも、原著タイトル
『blink : The Power of Thinking Without Thinking 』
の方が、しっくり来ます。

内容は、ビジネス、夫婦間の会話、心理学実験などさまざまな実例を題材に、
人間の直感の正しさ、誤りへの陥りやすさなどがまとめられています。

著者自身は、サイエンスライターとのことで、
本書内仮説の理論武装、潜在性無意識、プライミングなどの詳細は、
心理学・脳科学専門書に譲るとしても、大変示唆に富んだ内容です。

単に「直感が大事」「直感を信じろ」ということではなく、
人間の判断が、過去の経験、見た目、先入観などに
いとも簡単に翻弄されてしまうという事実を受け止め、
そのような状況であっても、瞬時に的確な判断を下すためにはどうあるべきか?
というメッセージが込められています。
(日本語タイトルだと誤解を受けそうですね。)

その1例として、プロローグでのギリシャ彫刻の鑑定をめぐる事件で、
「弁護士や専門家を総動員し、何か月もかけてゲッティ美術館が到達した結論(本物)と、
 古代ギリシャ彫刻に関する世界的な権威たちが一目見て「直観的に」得た結論(贋作)とが
 食い違ったのである。」
その結果、
「ゲッティ美術館の鑑定チームは14か月かけて調べ上げたが、
 彼ら(世界的権威)の2秒にはかなわなかった。」
とあります。

大事なのは、「直感」と言っても、「世界的権威」だから通用するのであって、
「素人」がいくら「直感」を駆使しても、どうしようもないのです。

少なくともビジネスの場で直感を活用でき、正しい結論を瞬時に導くには、
 ・「世界的権威」レベルの知識・経験・思考力などのスキルが必要
 ・そのためには基礎を繰り返し訓練し、そのレベルまで昇華させることが必要
 ・そのレベルにあっても誤りに陥らないために、人間の知覚の限界を知っておく
と、知識・経験を持っている(と思い込んでいる)人たちにとっての
良い教訓ととらえました。

また、本書内で紹介のあった、IATテストも実際に下記HPで実施しましたが、
「無意識的な態度が意識的な価値観を裏切る」という意味では、
なかなか興味深いテストです。

IATテスト(潜在的連合テスト、Implicit Association Test)
https://implicit.harvard.edu/implicit/


2008.05.04 Sun l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
現在持っているオーディオブックは下記4つです。

・The 7 Habits of Highly Effective People (Unabridged)
 (邦訳:7つの習慣)
・How to Win Friends and Influence People (Unabridged)
 (邦訳:人を動かす)
・Who Moved My Cheese (Unabridged)
 (邦訳:チーズはどこへ消えた?)
・The Da Vinci Code (Unabridged)
 (邦訳:ダヴィンチコード)

ちなみに、それぞれオーディオブック、原著、邦訳版の3つとも持っています。
2008.05.04 Sun l オーディオブック l COM(0) TB(0) l top ▲
以前、フリーソフト『Lilith』&『Lame』で4倍速変換した
オーディオブックの音質の悪さに耐えられないので、
『速脳チェンジギア(\12,600)』を購入し、再変換を試みました。

結果は、
(1)変換が速い!、変換時間が短い!
(2)こもり音もなく、クリアな音質!(最高の8倍速まで確認済み)
と、思った以上にとても良いです!

今後、Audibleのaaファイルは下記の手順で速聴用ファイルを作成します。

1.『GoldWave』で.aaファイル→.mp3ファイルへ変換
2.『速脳チェンジギア』で倍速変換

当面は6倍速を中心に速聴します。

2008.05.04 Sun l 速聴 l COM(0) TB(0) l top ▲
トニー・ブザン (著), 神田 昌典 (監修), 近田 美季子 (翻訳)
2008年5月9日発売。
早速予約しました。

仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
(2008/05/09)
トニー・ブザン

商品詳細を見る


2008.05.04 Sun l マインドマップ l COM(0) TB(0) l top ▲
高校時代の友人が、おいしいケーキを持って、
実家に遊びに来てくれました。

こちらのお店は焼き菓子もおいしいです。

Atelier de Miu(アトリエ ドゥ ミウ)
町田市本町田3450-12
042-725-8505
10:00~19:00
水曜定休日

080503_1530~01

2008.05.03 Sat l おすすめ l COM(0) TB(0) l top ▲
2008年読書冊数150冊突破!!
フォトリーディングスキルも徐々に向上してきました。

2008.05.03 Sat l フォトリーディング l COM(0) TB(0) l top ▲
我々夫婦の結婚式披露パーティー(4年前)の企画・司会をしてくれた
高校時代の友人に昨日会い、その時に使ったCDを頂きました。

そのうちの1枚がこちらです。

BEST OF U.F.O NOW AND THENBEST OF U.F.O NOW AND THEN
(1997/12/26)
UNITED FUTURE ORGANIZATION

商品詳細を見る


「UNITED FUTURE ORGANIZATION」というグループをご存じの方は
ほとんどいないと思いますが、素晴らしい選曲をしてもらいました。
友人のプロダンサー・歌手によるダンスパフォーマンス、歌などもあり、
一生の思い出に残る楽しいパーティーができました。本当に感謝しています。

2008.05.03 Sat l おすすめ l COM(0) TB(0) l top ▲
本田健氏の、
『幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編
 お金と幸せを引き寄せる60のヒント』
を読みました。

幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編 (ゴマ文庫)幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編 (ゴマ文庫)
(2008/01/05)
本田 健

商品詳細を見る


本書で本田さんは、「幸せな小金持ち」を目指すのが賢いと書かれております。

そして、幸せな経済自由人になるためには、普通の人と比べ、
下記4つの分野で優れた知識を持つことが必要とあります。
 ・人間関係
 ・ビジネス
 ・お金
 ・願望達成


また、普通の人が、幸せで豊かな生活を送れないのは、
最初から、自分には無理だと考えているから、とも。

なるほど、その通りだなあ、と納得しつつも、
「毎日、3人の知らない人に声をかけて、勇気を試そう」
とあると、これはいくらなんでもハードルが高い!!
とさっそく思ってしまい、
日頃、いかにメンタルブロックが思考、行動を妨げているか実感し、、、反省です。

ほかに印象に残ったフレーズは、
「幸せは、人間関係でしか感じられない」
「出会う人すべてが、前世からの友人だと思う」
「人生は、誰と出会うかで決まる」
「幸せは、ふとしたときに気づくもの」
と、やはり人間関係が一番大事だと感じました。

先に挙げた4つの知識・体験は、私はどれもまだまだ未熟ですが、
家族、友人にも恵まれ、幸せな生活を送れていると思います。
自分の周囲の方々、環境に本当に感謝です!

今後は「経済的自由」を得て、さらに幸せな生活が実現できるよう、
これからどんどんと、具体的行動を起こしていきたいと思います!

2008.05.03 Sat l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
村中剛志氏の『「先読み力」で人を動かす』を読みました。
わかりやすく、非常に良い本です!

「先読み力」で人を動かす ~リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント~「先読み力」で人を動かす ~リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント~
(2008/03/27)
村中 剛志

商品詳細を見る


キーワードは、「先読み力」と「プロアクティブ」。

本書では
起こりうる事象(問題)を推測・発見する力を「先読み力」、
先手を打つ一歩先に行動することを「プロアクティブ」

と定義してあります。

サブタイトルが、『リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント』となっておりますが、
リーダーのみならず、できれば新入社員など若手が積極的に読むべき本だと思います。

私自身はスティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』を読み、
「第1の習慣:主体性を発揮する(Be Proactive.)」
に強い感銘を受け、仕事などで実践してきたことで、
その絶大な効果と自分自身の成長が実感することができました。

スケジュール管理については、まだまだ未熟で色々試行錯誤の段階ですので、
著者HPからダウンロードさせて頂きましたタイムマネジメントリフィルを、
ゴールデンウィーク明けから、早速トライしてみたいと思います。
村中さん、どうもありがとうございました!
2008.05.01 Thu l 本、書評 l COM(2) TB(0) l top ▲
1月以来、久々の40冊超えです。
2008年読書冊数 → トータル148冊!

ただ今、ゴールデンウィーク連休中ということもあり、
4月後半で冊数が伸びました。
東京の実家に帰省中で、
読書→子供の世話→親戚・友人たちと過ごす→読書
というような生活が4日ほど続いています。

1 ケースで学ぶ意思決定の手法
  シナリオ構想力実践講座 生方正也
2 朝9時までの「超」仕事術 見田村元宣
3 研修女王の最強3分スピーチ 大串亜由美
4 人は「暗示」で9割動く 内藤誼人
5 レバレッジ英語勉強法 本田直之
6 英語は逆から学べ! 苫米地英人
7 「やる気を出せ!」は言ってはいけない 石田淳
8 ビジネスマンのための「数字力」養成講座 小宮一慶
9 3分間コーチング 伊藤守
10 ウェブ時代 5つの定理 梅田望夫
11 どんな仕事も楽しくなる3つの物語 福島正伸
12 TQ タイムクエスト
  心の安らぎを発見する時間管理の探究
  ハイラム・W・スミス、黄木信、ジェームス・スキナー(訳)
13 不機嫌な職場
  なぜ社員同士で協力できないのか 高橋克徳、河合太介、永田稔、渡部幹
14 脳と気持ちの整理術
  意欲・実行・解決力を高める 築山節
15 将の器 参謀の器
  あなたはどちらの“才覚”を持っているか 同門冬二
16 ビジネスが加速する! すごい名刺
  世界で一番小さな魔法のツール 堀内伸浩
17 成功者の習慣が身につく 「超」心理術 内藤誼人
18 本当に役立つビジネス心理学 山岡重行
19 心理戦術で相手を操る交渉力養成ドリル 内藤誼人
20 頭が良い人は親指が太い
  デキるビジネスマンなら知っている10の法則 木村剛
21 シュガー社員が会社を溶かす 田北百樹子
22 図解「人脈力」の作り方
  資金ゼロから大金持ちになる! 内田雅章
23 200%フル活用!
  頭のいい「時間」術 箱田忠昭
24 仕事が10倍速くなる!
  スピード手帳術 松本幸夫
25 サラリッチの法則
  「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール 中村一晴
26 イマドキ部下を伸ばす上司学 内藤誼人
27 非常識な成功法則 お金と自由をもたらす8つの習慣 神田昌典
28 一瞬でデキる奴になる!
48の心理テクニック 内藤誼人
29 セルフ・カモフラージュ 自分偽装術
  自分自身にゲタをはかせて絶対優位に立つ「背伸びの法則」 内藤誼人
30 「伝説の社員」になれ!
  成功する5%になる秘密とセオリー 土井英司
31 アンソニー・ロビンズの一瞬で「自分の夢」を実現する法
  アンソニーロビンズ、本田健:訳
32 世界No.1カリスマコーチが教える一瞬で自分を変える法
  アンソニーロビンズ、本田健:訳
33 ダメな自分を救う本 石井裕之
34 通勤電車で新聞を読む人はなぜ仕事が遅いのか 松本幸夫
35 速読勉強術 宇都出雅巳
36 仕事に活かす集中力のつくり方
  辻メソッドでフローに集中する人生を獲得する 辻秀一
37 ちょいデキ! 青野慶久
38 ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人
  お金を引き寄せる「富裕の法則」 ハーブ・エッカー、本田健:訳
39 「儲かる仕組み」をつくりなさい
  落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために 小山昇
40 「脳の鍛え方」入門
   9割の人は頭の使い方を間違っている
  40歳を超えてから頭は良くなる! プレジデント編集部
41 社長の時間術
  「時間ない病」克服のワザを公開!
  彼らは「多忙」を言い訳にしない プレジデント編集部
2008.05.01 Thu l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。