上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近読んだ本の中で最も感銘を受けた本です。
「日本でいちばん大切にしたい会社」坂本光司:著

日本でいちばん大切にしたい会社日本でいちばん大切にしたい会社
(2008/03/21)
坂本 光司

商品詳細を見る


大学教授である著者が6000社を越える中小企業を訪問し、
その中でも優れた経営哲学を持った経営者および企業を5社とりあげ、
その素晴らしさを紹介しています。
読んでいて、涙が出るほど、感動しました。

本書は2部構成で、
第1部:「会社は誰のために?」
第2部:「日本でいちばん大切にしたい会社たち」
というテーマで述べられています。

まず、第1部では
会社経営とは「五人に対する使命と責任」を果たすための活動
と定義され、
その責任を果たすための行動は、順に
1.社員とその家族を幸せにする
2.外注先・下請企業の社員を幸せにする
3.顧客を幸せにする
4.地域社会を幸せにし、活性化させる
5.自然に生まれる株主の幸せ
とあります。

顧客ではなく、社員・家族が第一なのは、
自分が所属する会社に対し、不平・不満・不信を抱いている社員が
どうしてお客様を感動させるサービスなどできようか、
というわけです。

また、これらの具体的に実践している企業として、
第2部で5社(コラムを入れて14社)の企業が登場しています。

・障害者を積極的に採用している『日本理化学工業株式会社』
・斜陽産業である寒天を扱い、48年間増収増益の『伊那食品工業株式会社』
・日本一辺鄙な場所で義肢装具を作る『中村ブレイス株式会社』
・地域に密着し、お菓子で心と心を結ぶ経営を実践する『株式会社柳月』
・常にお客様へ感動を与え「あなたのお客で良かった」と言われる『杉山フルーツ』

これら5社の名前は今まで聞いたこともありませんでしたが、
その経営哲学、企業活動を知り、本当に感動しました。
また、企業とはどうあるべきかを、深く考えさせられる内容でした。
ぜひ、一読をお勧めします。
スポンサーサイト
2008.08.25 Mon l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://wholemind.blog31.fc2.com/tb.php/121-e430f3f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。