上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日、ブックオフで見つけました。

「読む」だけダイエット―心理学の先生が教える (王様文庫)「読む」だけダイエット―心理学の先生が教える (王様文庫)
(2006/05)
市村 操一小澤 まや

商品詳細を見る


私は今年はじめに、3ヶ月で10kgの減量に成功し、
その後のリバウンドも全くないので、
今さらダイエット方法を知る必要はないのですが、、、

先日、焼肉を「がっつり」食べながらも、
「ダイエットがうまくいかない」と嘆いていた
同僚の話が頭の片隅に残っていたので、
「心理学」、「読む」、「ダイエット」というキーワードで
この本が目に止まりました。

⇒読書時間:15分

この本は心理学者の父と、痩せたい娘との共著で、
何度も失敗し、なかなか痩せられない娘に対し、
心理学的な観点から父がアドバイスするといったもの。

著者も述べていますが、
この本は人間の心理を利用したダイエット方法を提案しています。
が、個人的にはもう少し、
「なぜその方法が良いか?」という
心理学的裏付けの説明があると良いと思いました。
(そうすると、対象読者層が変わってしまうか・・・)

まー、本に書いてあることができればやせられるというのは、
どのダイエット本でも同じですね。

いずれにせよ何事も続けるコツは、「いかにストレスをためないか」
ということに尽きると思います。

そのためにはダイエットの場合、「食欲を抑える」ことが必要です。
さらに、そのためには脳科学、
続けるには行動科学が参考になると思います。

私の場合も、フォトリーディングの講座で習った
ダイレクトラーニングをベースにしたので、楽に痩せることができました。
しいて言えば、「読まない」ダイエット、というところでしょうか。

スポンサーサイト
2008.11.02 Sun l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://wholemind.blog31.fc2.com/tb.php/153-2edaee5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。