上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
自分のスキル・キャリア・市場価値を高める際の参考に、と
ヘッドハンティング関連の本を4冊読みました。

企業からどのような人材が求められているか、
ヘッドハンターがどのような点を考慮して、ハンティングするのかなど、
キャリアアップを考える上で、非常に興味深かったです。

今の仕事は面白いので、別に転職を考えているわけではありませんが、
ヘッドハンティングされるくらいの実力はつけたいと思っています。

ではどのような実力が必要なのか、
佐藤氏の著書「ヘッドハンティング・バイブル」には、
『ヘッドハンティングされるためのキャリアアップとは、
自分の専門性(スペシャリストとしての力)を他社でも通用するように深めながら、
マネジメント力を含め総合的に自分の即戦力(実務能力)を高めていくこと』
とありました。

古賀氏の著書「プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方」にはこう書いてありました。
『キャリア採用で求められる人材のレベルは高い。
   ・・・(中略)・・・
いってみればトヨタのエースで4番クラス、エリート中のエリートなわけで、
こんなスーパービジネスマンのような人材はごく一握りにすぎない。』


これはある意味わかりやすいですね。
トヨタに限らず、会社のエースで4番を目指そうと思います。


ヘッドハンティング・バイブルヘッドハンティング・バイブル
(2006/02)
佐藤 文男

商品詳細を見る


プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方―ビジネス超魔術人材編プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方―ビジネス超魔術人材編
(2007/06)
古賀 辰男

商品詳細を見る


35歳までに年収2000万円になる35歳までに年収2000万円になる
(2007/06/19)
伊東 修

商品詳細を見る


ザ・ヘッドハンティング―未上場でも、知名度がなくても、優秀な人材は採用できる!ザ・ヘッドハンティング―未上場でも、知名度がなくても、優秀な人材は採用できる!
(2006/02)
武元 康明

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2008.05.25 Sun l 本、書評 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://wholemind.blog31.fc2.com/tb.php/77-dd778c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。